アニメ映画「風の谷のナウシカ」の魅力を紹介【おすすめ・感想レビュー】

基本情報

監督:宮崎駿
脚本:宮崎駿
原作:宮崎駿(漫画)
音楽:久石譲
制作:トップクラフト
公開:1984年3月11日
要素:冒険ファンタジー

キャスト
ナウシカ島本須美
アスベル:松田洋治
クシャナ榊原良子
クロトワ:家弓家正
ユパ:納谷悟朗
ミト:永井一郎
大ババ:京田尚子

あらすじ

巨大産業文明が崩壊してから1000年、世界は腐海と呼ばれる有毒の瘴気を発する菌類の森に覆われていた。

腐海の森で探索していたナウシカは、オームに襲われるユパを救う。

父の旧友で師でもあるユパとの再会に喜んでいたナウシカだったが、ある夜、ナウシカが住む「風の谷」に大国トルメキアの輸送機が墜落する。

そして、輸送機には「火の7日間」で世界を焼き尽くしたとされる「巨神兵」の胚が積まれていた。

外のシーンでは常にと言っていいくらい甲高い風の音が鳴っていて、それと共に髪や服、マスクがなびき続けています。
タイトルにもある「風」がとても印象的で、まるで泣いているかのような風の音は腐敗した世界の空虚さや寂しさを感じさせます。

ナウシカ

美少女と呼ぶにふさわしい、美しく清らかなナウシカ

基本的には優しい目をしているナウシカですが、怒りが爆発したり緊急を要する事態に直面した時には鋭い目つきに変わります。
同時に温かく包み込むような声は荒々しい声に変わり、優しさと強さを持つナウシカの二面性が表れています。

ナウシカの教え

本作には数多くの蟲が登場し、非常に大きな蟲が多いのが特徴的です。
そんな蟲に対して皆は攻撃的で、そのせいで蟲から攻撃を受けます。
一方ナウシカは、自分から攻撃することもなければ、向こうから攻撃を受けたとしても反撃しません。
ナウシカのこの姿勢は、相手を攻撃することは自分を傷つけることに繋がり、血は血を呼び、争いは争いを呼ぶことを教えてくれます。
これは人や国、人種間の関わりにおいても、とても大切なことだと思います。

しかし、ナウシカが悲劇を目の前にして感情的になり、攻撃してしまうシーンがあるんです。
ナウシカも完璧ではないというのが、彼女に人間らしさを付与し、キャラに深みが出ています。

爺さんキャラ

風の谷にいる男はなぜか爺さんばかりで若い男性がいません。
でもこの爺さんたちが、飛行機や戦車を操り、とてもたくましく活躍してくれます。
たくましいとは言っても、ビジュアル的には普通の爺さんなのがまたイイんですよね。

また、爺さんたちがナウシカの行動にあたふたしたり、口喧嘩したりと、爺さんらしからぬ血気盛んなシーンが笑えます。

壮大な背景

120分弱の映画ですが、「火の7日間」になにがあったのか、巨神兵はどのようにして生まれたのかなど、気になることがたくさんあり、背景に壮大なストーリーを感じさせます。

壮大なストーリーの一部分を見せられて、他の部分が見えないからこそ、想像が膨らみ本作の虜になりました。

最後に

推しキャラ
ナウシカ

好きな台詞
あなたは何をおびえているの
まるで迷子のキツネリスのように

本作の魅力的な要素
設定 美術 表情 動き 音楽