見放された兄妹「火垂るの墓」名作アニメ紹介【おすすめ・感想レビュー】


当ブログ管理人がお気に入りのアニメを紹介する名作アニメ紹介。
今回紹介するのは「火垂るの墓」。

基本情報

監督:高畑勲
原作:野坂昭如(小説)
音楽:間宮芳生
制作:スタジオジブリ
公開:1988年4月16日
分類:ヒューマンドラマ
出演:辰巳努 白石綾乃 山口朱美
魅力:雰囲気 ストーリー キャラクター 美術 動き 表情

あらすじ

太平洋戦争末期。
14歳の清太は、空襲によって母を亡くしてしまう。
清太は妹の節子に母の死を黙ったまま、親戚の家に身を寄せる。

初めに示される結末

本作は、主人公の清太と妹の節子が、それぞれ14歳と4歳にして亡くなってしまったことが初めに示されます。
つまり、2人がどんな結末を迎えるのかではなく、どのようにして結末を迎えるのかが描かれる作品なんです。
亡くなってしまうのが分かっているからこそ、観ていてハラハラするし、涙が止まらないんですよね。

節子

節子は4歳という幼い女の子ですが、服の脱ぎ方や座り方、髪をくしでとかすなど「女性を感じる所作」が見受けられ、4歳といえども既に立派な女性なんだなぁと感じます。

そんな節子の声を担当する白石綾乃さんの演技が「素晴らしいという言葉では足りない」くらい良かったです。
声質だけでなく、テンションが上がった時の笑い方や、寂しい時のつぶやきが本当にリアルなんですよね。
それに加えて表情もリアルなので、キャラクターに声を当てているのではなく「キャラクターから声が出ている」ようにしか見えません。
画面の中の4歳の少女が生きていると感じられるから、余計に泣けるんです。

戦争の悲惨さだけじゃない

清太と節子の行末を見ていると、武器を持って戦う人たちとはまた別の意味で、悲惨だなと思います。

母親を亡くし、父親も戦争に行っていて頼れない2人は、頼りにした親戚のおばさんから厄介者扱いされてしまいます。
結局親戚の家を出ることにした2人は、防空壕で暮らすことになるのですが、食に困った清太は畑の農作物を盗んでしまい、畑の持ち主から暴力を受けるのです。

ただでさえ悲惨な状況下に置かれている2人を、助けるどころか突き放す大人たちの仕打ちが残酷すぎます。
でもこれは、戦争のない現在の日本でもあることで「戦時中だから」という理由では片づけられませんよね。

戦争はなくても「助け合いができていない」という点においては現在も同じで、課題はあるということを忘れてはいけません。
そう思うと、ラストの現代社会を眺める清太と節子が「自分たちを見放した社会じゃなくなって良かった」と思えるような社会にしたいですね。

最後に

「俺こんなに泣けるんだ」ってくらい泣きます。

この作品が皆さんにとっての名作になってくれると嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます!