アニメ映画「となりのトトロ」の魅力を紹介【おすすめ・感想レビュー】

基本情報

監督:宮崎駿
脚本:宮崎駿
原作:宮崎駿
音楽:久石譲
制作:スタジオジブリ
公開:1988年4月16日
分類:ヒューマンドラマ

キャスト
サツキ:日高のり子
メイ:坂本千夏
お父さん:糸井重里
お母さん:島本須美
トトロ:高木均
おばあちゃん:北林谷栄
カンタ:雨笠利幸

あらすじ

初夏。小学六年生の『サツキ』は田舎へ引っ越してくる。
母親が入院中でいない分、父と妹と協力しながら新天地での生活を送っていた。

そんな中、妹の『メイ』は森の主『トトロ』と出会う。

アクション

宮崎アニメの中でも、僕が特に好きなのが『軽快な動き』です。
この軽快な動きと子どもの相性が抜群で、自然や家の中を元気よく走り回るサツキとメイの姿を観てると泣けるし、何より気持ち良いです。
泣いてしまうのは、少子化になっているにも関わらず、子どもが伸び伸びと遊べる場が減ってしまっている現状があること。
あとは僕自身が難病で走れなくて、元気よく走っていた頃を思い出すというのもありますね。

『移動の過程』を描くのが宮崎アニメの特徴なのですが、本作は『走る』という手段で移動することが他の宮崎アニメより多いため『宮崎アニメで一番走ってる作品』ではないかと思います。

また、本作以前の宮崎アニメは、非現実な世界を舞台としているため、軽快な動きがあまり違和感なく映ります。
一方で本作は、現実で日本を舞台にしているため『違和感』が生まれ、それが笑いを生んでいます。
僕が一番笑ったのが、サツキが学校へ出かけるシーンです。
サツキは朝ご飯を掻き込み、食べ終わると同時に立ち上がり、ランドセルを手に家を出て行きます。
この一連の動きが、あまりにもパワフルで『恐怖』すら感じますw

軽快と言えば、ネコバスが風に乗るように駆けるシーンも爽快で素晴らしいです。

サツキ

姉として
サツキはご飯を作り、メイを叱る『母親代わり』と言える存在です。
そんなサツキも、母親のお見舞いに行った際には子どもに戻ります。
母親の前では少し恥ずかしがって緊張しているように見え、逆にメイは普段と変わりません。
これが『甘える』ことに慣れているメイと、そうではないサツキの『姉と妹』という家庭内におけるポジションの違いが出ていて面白いです。

カンタ
サツキの同級生『カンタ』は、サツキをからかって嫌われてしまいます。
案の定、これはサツキを意識していることの裏返しであることが、観てると分かります。
終盤では互いを『サッキー』『カンちゃん』と呼ぶ仲になっているのですが、この関係が築かれる過程を描かずに、何気なく台詞で示されるところが好きです、
この先、二人の関係がどうなるのか気になります。

メイ

同じことをしたがる
サツキがどんぐりを見つければ自分も欲しがり、サツキが母親に髪をといてもらうと自分もやってもらいたがります。
家の階段を探すシーンで、サツキの後を追って言動を真似する様子は印象的です。
トトロに出会った際も、大声を上げるトトロに負けじと大口を開けて声を張り上げます。
メイはおばあさんになったら、たくましい強キャラばあさんになりそうですよね、


メイがカンタのおばあちゃんと一緒に、サツキが通う学校を訪れるシーンがあります。
メイの所までサツキが駆け寄ると、メイは何も言わずにサツキをギュッと抱きしめます。
その時のメイが、まっすぐ前を見つめながら涙を流すのが印象的で、喚き泣くシーンもあるのに、このときは静かに泣きます。
これは、母も姉もいない『虚無感』による涙だからなのかなと思います。

最後に

自然や、地域全体で困ってる人を手助けするなど『失われつつある日本の良さ』を感じられる作品です。
また、僕にとって最も『音楽で面白くなってる宮崎アニメ』でもあります。

推しキャラ
メイ

本作の魅力的な要素
キャラクター 美術 表情 動き 音楽