ネットでの誹謗中傷を減らすためにできること

動画版

他人より自分に目を向ける

まずは自分自身が気を付けないといけません。
誹謗中傷はよくないと思っていても、気付いたら誹謗中傷してしまっていたということがあります。 
SNSでの投稿や、メールのやり取り、動画サイトでのコメントなどを振り返って、自分の言動をチェックしたり、投稿前にも問題がないかチェックする癖をつけることが大切です。

相手を叩かない

よくないのが、誹謗中傷する人を誹謗中傷してしまうことです。
一番やってはいけないことですけど、怒りによって感情的になると、どうしても攻撃的になり、誹謗中傷してしまうことがあります。
誹謗中傷でなくても、相手を叩いてしまうと、こちらの言葉に耳を傾けてもらえませんし、相手を逆上させてしまう危険もあるので注意が必要です。

どんな言葉を投げかけるべきか

ではどんな言葉を誹謗中傷している人に対して投げ掛ければいいのか。
僕としては、長々と持論を展開するよりも
『誹謗中傷は、〇〇罪になるので、やめたほうがいいですよ』
この一文でいいと思っています。
〇〇罪に入るのは、脅迫罪や名誉毀損罪、侮辱罪です。
具体的に問題のある箇所を書いておくのもいいかもしれません。
とにかく冷静に対処することが大切で、それを一人一人が実行すれば、少しずつかもしれませんが、確実に減っていくと思います。

必要な対策

対策に関しては、発信をできなくすることには反対です。
根本的な解決になりませんし、言論の自由が侵害されることに発展しかねません。
それに、発信できなくなったことで、溜まった怒りや不満が、別の犯罪を引き起こす危険もあります。
僕が考える対策は、投稿前に投稿内容を確認させて、チェックを入れないと投稿できないようにする。
また、表示したり受け付ける投稿を制限できるようにして、誹謗中傷から自らを守れるようにすることです。

最後に

僕自身今までに誹謗中傷をしてしまったことはあるので、あまり自分を過信しすぎないようにしています。