【アジカン】大洋航路の歌詞の意味【私的歌詞解釈】ASIAN KUNG-FU GENERATION

ランドマーク

はじめに

この記事では、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの『大洋航路』の歌詞を自分なりに解釈しています。

解釈に正解は無いと思いますし、あくまで僕個人の解釈ですが、より曲を好きになってもらえたら嬉しいです。

僕はこの曲を、人生に迷い疲れた人を勇気付ける曲だと思っています。
なので、この記事ではその前提をもとに解釈しました。

解釈

雨降りの朝を

雨降りの朝を通り過ぎる
色とりどりの傘を
弾く音で水嵩は増すのだろう
少しずつ濁った
誰かの何かで溢れる街角
かき分けるクロールの僕は
カナヅチだったり

出典(大洋航路/作詞:後藤正文

解釈

雨降り ⇒ 悲しみ

色とりどりの傘 ⇒ 様々な

弾く音 ⇒ 雨粒が弾く ⇒ 涙を弾く ⇒ 悲しみを放っておく

水嵩は増す ⇒ 涙は増す ⇒ 悲しみは増す

少しずつ濁った誰かの何か ⇒ 濁った心 ⇒ 苦しみ

かき分けるクロール ⇒ 必死に泳ぐ ⇒ 必死に生きる

カナヅチ ⇒ 上手く泳げない ⇒ 生きづらい

人々が朝から抱えている様々な悲しみを放っておくから、悲しみが増える。
苦しみで溢れる社会。
生きづらい僕は必死に生きている。

もう 錆びついたオール

もう 錆びついたオール
向こう岸が見えない海のよう
言う 大声で言う
引用“To be, or not to be”
大丈夫(オールライト)

出典(大洋航路/作詞:後藤正文

解釈

錆びついた ⇒ 動きにくい ⇒ やる気がない

オール ⇒ 何もかも

向こう岸 ⇒ 目的地 ⇒ 何のために生きるか

To be, or not to be ⇒ このままでいいのか

もう何もする気が無くなった。
何のために生きていけばいいのか分からない。
このままでいいのだろうか。
そう思ってる君に言う、「大丈夫だよ」。

ずぶ濡れの靴が

ずぶ濡れの靴が
両足の先を痺れされる午後
夕方には晴れ間が広がる予報
同じように誰かの心が晴れたら良いけど
今日もあの娘は相変わらずの
相槌だったり

出典(大洋航路/作詞:後藤正文

解釈

ずぶ濡れの靴が両足の先を痺れされる ⇒ 大雨が降っている

相変わらず ⇒ 変わらない

相槌 ⇒ 調子

大雨だった天気が晴れるように、あの娘の心も晴れたら良いけど、今日も調子は変わらない。

折れそうなオール

折れそうなオール
向こう岸が見えない海のよう
言う 女々しいが言う
もう漕ぐのかったるい

出典(大洋航路/作詞:後藤正文

解釈

折れそう ⇒ 諦めてしまいそう

オール ⇒ 何もかも

向こう岸 ⇒ 目的地 ⇒ 何のために生きるか

女々しい ⇒ カッコ悪い

漕ぐ ⇒ 頑張る

かったるい ⇒ めんどくさい ⇒ 疲れる

何もかも諦めてしまいそう、
何のために生きていけばいいか分からない。
カッコ悪いけど、もう頑張ることに疲れた。

もう 泣かないでよ

もう 泣かないでよ
涙で一面海のよう
湯鬱 それだって言う
何度も 何度でも

出典(大洋航路/作詞:後藤正文

解釈

涙で一面海のよう ⇒ 涙が溢れている

言われたところで涙は溢れて憂鬱かもしれないけど、何度でも「もう泣かないで」と言うよ。

もう錆びついたオール

もう錆びついたオール
向こう岸が見えない海のよう
言う それだって言う
君までひとっ飛び

出典(大洋航路/作詞:後藤正文

解釈

錆びついた ⇒ 動きにくい ⇒ やる気がない

オール ⇒ 何もかも

向こう岸 ⇒ 目的地 ⇒ 何のために生きるか

君までひとっ飛び ⇒ 君を助けに行く

もう何もする気が無くなった。
何のために生きていけばいいか分からない。
そんな君も助けるよ。

まとめ

人々が朝から抱えている様々な悲しみを放っておくから、悲しみが増える。
苦しみで溢れる社会。
生きづらい僕は必死に生きている。

もう何もする気が無くなった。
何のために生きていけばいいのか分からない。
このままでいいのだろうか。
そう思ってる君に言う、「大丈夫だよ」。

大雨だった天気が晴れるように、あの娘の心も晴れたら良いけど、今日も調子は変わらない。

何もかも諦めてしまいそう、
何のために生きていけばいいか分からない。
カッコ悪いけど、もう頑張ることに疲れた。

もう何もする気が無くなった。
何のために生きていけばいいのか分からない。
このままでいいのだろうか。
そう思ってる君に言う、「大丈夫だよ」。

言われたところで涙は溢れて憂鬱かもしれないけど、何度でも「もう泣かないで」と言うよ。

もう何もする気が無くなった。
何のために生きていけばいいか分からない。
そんな君も助けるよ。

もう何もする気が無くなった。
何のために生きていけばいいのか分からない。
このままでいいのだろうか。
そう思ってる君に言う、「大丈夫だよ」。

最後に

最後まで読んで頂きありがとうございます。

映像作品『映像作品集8巻』では、この曲のライブ映像が観れます。
まだ観てない方は、ぜひ観てみてください。