【アジカン】桜草の歌詞の意味【私的歌詞解釈】ASIAN KUNG-FU GENERATION

ファンクラブ

はじめに

この記事では、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの『桜草』の歌詞を自分なりに解釈しています。

解釈に正解は無いと思いますし、あくまで僕個人の解釈ですが、より曲を好きになってもらえたら嬉しいです。

僕はこの曲を、大切な気持ちを失った人を歌った曲だと思っています。
なので、この記事ではその前提をもとに解釈しました。

解釈

閉ざしてた窓を

閉ざしていた窓を少し開く
差し込む光に目が眩んだ
モノクロの部屋に色が灯る
消えかけていた僕を照らすように

出典(桜草/作詞:後藤正文

解釈

閉ざしていた窓 ⇒ 隠していた気持ち

差し込む光 ⇒ 明るくなる

目が眩む ⇒ 前が見えなくなる泣く

モノクロ ⇒ 鮮やかじゃない ⇒ 落ち込んでいる

色が灯る ⇒ 晴やかになる

隠していた気持ちを少し吐き出したら、気持ちが明るくなって前が見えなくなるくらい泣いた。
まるで消えかけていた僕を照らすみたいに、落ち込んでいた気持ちが晴やかになる。

ひとつひとつ並べた

ひとつひとつ並べたピースを
ひとつひとつ心にはめる

出典(桜草/作詞:後藤正文

解釈

並べた ⇒ 確かめた

ピース ⇒ 気持ち

はめる ⇒ 取り戻す

失くしてしまった気持ちを一つ一つ確かめて、取り戻す。

内にある闇が

内にある闇が僕を呼ぶよ
色のない部屋に戻すように

出典(桜草/作詞:後藤正文

解釈

内にある闇 ⇒ 心の中にある闇 ⇒ ネガティブな気持ち

色のない部屋 ⇒ 華やかじゃない ⇒ 落ち込む

まるで色のない部屋に戻すみたいに、ネガティブな気持ちがよみがえってくる。

一日中毛布に

一日中毛布に包まって
世界から逃げる
傷つくことはなかったけど
心が腐ったよ

出典(桜草/作詞:後藤正文

解釈

一日中 ⇒ ずっと

毛布に包まって ⇒ 何もしない

世界から逃げる ⇒ 人と関わらない

腐った ⇒ 正常じゃない ⇒ 不安定

ずっと何もせず人と関わらないでいる。
心は傷付かなかったけど不安定になった。

公園のブランコに

公園のブランコにまたがって
この世界を揺らせば
何故か急に寂しくなって
君の名を呼ぶよ

出典(桜草/作詞:後藤正文

解釈

公園のブランコにまたがって この世界を揺らせば ⇒ 行動する

君 ⇒ 愛する人

君の名を呼ぶ ⇒ 愛が欲しい

行動したら何故か急に寂しくなって、愛が欲しくなった。

ひとつふたつ失くした

ひとつふたつ失くしたピースを
ひとつひとつ心で探す
全部拾い集めたら
憂鬱な日々も少し晴れるかな

出典(桜草/作詞:後藤正文

解釈

ピース ⇒ 気持ち

拾い集める ⇒ 取り戻す

心を見つめ直して、一つ二つと失くしてしまった気持ちを探す。
失くしてしまった気持ちを全部取り戻すことが出来たら、憂鬱な気持ちも少し晴れるかな。

届くように…

届くように…

出典(桜草/作詞:後藤正文

解釈

届くように ⇒ 失くした気持ちが届きますように ⇒ 気持ちが満たされますように

気持ちが満たされますように。

まとめ

隠していた気持ちを少し吐き出したら、気持ちが明るくなって前が見えなくなるくらい泣いた。
まるで消えかけていた僕を照らすみたいに、落ち込んでいた気持ちが晴やかになる。

失くしてしまった気持ちを一つ一つ確かめて、取り戻す。

まるで色のない部屋に戻すみたいに、ネガティブな気持ちがよみがえってくる。

ずっと何もせず人と関わらないでいる。
心は傷付かなかったけど不安定になった。

行動したら何故か急に寂しくなって、愛が欲しくなった。

心を見つめ直して、一つ二つと失くしてしまった気持ちを探す。
失くしてしまった気持ちを全部取り戻すことが出来たら、憂鬱な気持ちも少し晴れるかな。

気持ちが満たされますように。

ずっと何もせず人と関わらないでいる。
心は傷付かなかったけど不安定になった。

行動したら何故か急に寂しくなって、愛が欲しくなった。

愛が欲しい。

最後に

最後まで読んで頂きありがとうございます。

映像作品『映像作品集3巻』には、この曲のライブ映像が収録されています。
まだ観てない方はぜひ観てみてください。